看護師の勤め先といえば

看護師の勤め先といえば、病院と想像するのがオーソドックスでしょう。でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院の他にも色々とあります。保健所において保健師と連携し、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の役割です。また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、ほとんどの医療に関わる行為を看護師が行います。
日本の看護師が1年間にもらえる給料は平均すると437万円ぐらいです。ですが、国立、市立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員という立場で働いているため、年収の平均は593万円ほどです。公務員看護師は給料のアップルする率も民間病院と比べると高く、福利厚生もしっかりしています。
準看護師のケースでは、看護師と比較して平均年収が70万円ぐらい低いです。
看護士の求人はたくさんありますが、希望と一致する条件の求人があると言い切れないのが現状です。看護資格がある方の中で就職できさえすればいいと思う方は少ないでしょう。
なるだけお給料が高めで職場の環境も良く、夜勤がないというところで働きたいと思っている方がほとんどです。
希望にあわせて転職するには、情報の収集を怠ってはいけません。
看護師になろうとする人が受ける資格の国家試験は、年に1度あります。
看護師の不足が問題となっている日本にとってはうれしいことに、ここ数年の看護師の国家試験合格率は90%前後と高水準を保っています。看護師の国家試験は、大学入学試験のような落とすための試験ではなく、決められたラインをクリアできればパスが可能な試験です。
ナースがうまく転職するには、この先のことを考えて早めに行動することが必要です。
また、どのような点に重点を置いて考えるのかを考えておいた方がいいでしょう。
これからどうなりたいかを明確にして、そのイメージに合った転職先の情報を少しずつ収集してください。
収入、職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も考えましょう。
看護士の求人はいくらでもありますが、希望と一致する条件の求人がある訳ではありません。
看護師の資格を持っている方で就職できればいいと思っている方は少数でしょう。できることなら、給料が高くて職場環境も良くて、夜勤がない病院などに勤務したいとほとんどの方が思っています。望み通りのところに転職するには、情報収集が重要です。看護士の志望理由は、実際何が原因で看護師になることを考えるようになったのかを交えると良い感触を得られます。
転職する時の志望動機は、これまでに得た技術を有効活用したい、今よりさらに誰かの役に立つ技術を獲得したいなど、プラスのイメージを与えるものにしてください。
以前の職場の愚痴は言葉にしないようにすることが大事です。
日本での看護師の年収は平均して437万円くらいです。しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均して593万円ほどになります。
公務員看護師は給与の上がる割合も民間の病院より高く、福利厚生も充実しているのです。準看護師だと、看護師より、平均年収が70万円ほど低いです。

Categories: いろいろな事31