妊娠を計画している女性に向けて

実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。
受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。
そのため、葉酸が欠乏してしまうと、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。
受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、日常的な食事以外に、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。
卵子が受精した後、受精卵は細胞分裂を繰り返しながら成長し、おなかの中で体の器官を作り上げていくのですが、ここで葉酸が大切な働きをするので、妊娠初期に葉酸が必要不可欠だと言われるのです。葉酸単体での吸収率は低いために、葉酸を含んだ総合サプリの摂取がお勧めです。でも、様々な成分を含有している総合サプリの中でも、一体どのような成分が必要なのか判断の基準がつかず、困ってしまうという方も居ますよね。総合サプリで何を選んだらよいのか分からない、という方は、信頼できる粉ミルクの成分分析表と照らし合わせながら、総合サプリを選ぶようにすれば間違いないと思います。不妊の原因と対策を考えるとき無視してはならないのはストレスです。
生殖ホルモンの分泌を乱すストレスは、排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。ときには友人や家族の励ましや、焦りといった感情が不妊治療とあいまってストレスになるケースもあり、悪循環から抜け出せない人もいます。
穏やかな気持ちで治療を続けることは不妊治療には大いに助けになると思います。妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は大変密接に関わりあっています。
なぜなら、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。この話は当然、妊娠中に限らず、妊活中の女性にも大切な栄養素であることは変わりありません。
実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。ですから、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、妊活中から葉酸を摂るようにするのが良いでしょう。
葉酸の過剰摂取による副作用は、寝つきが悪くなったり早くに目が覚めてしまうといった不眠症の症状や、食欲不振や吐き気などの内臓疾患、あるいはむくみなどです。
妊娠初期というのは体もデリケートになりますし、神経質になりがちです。そのため過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので気をつけましょう。もちろん、葉酸は食事で摂取できるのが一番なのですが、葉酸サプリを活用すれば、摂取量も管理しやすい為、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には良いですよね。ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。
葉酸は、ビタミンBの一種で、代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を減らす効果があります。厚生労働省の発表によりますと、妊娠初期の女性は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。
そのような場合は葉酸サプリで摂取するのも賢い方法だと言えます。胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。
ですから妊娠初期の期間には、サプリによって葉酸を摂取することが良いとされています。
では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。なぜかと言うと通常に食事によって摂取した栄養素との相互作用が働くことで、葉酸が最も効率的に働きますから、十分な効果が期待できます。
反対に、胃が空っぽの空腹時に葉酸サプリを摂取してしまいますと、胃が荒れるという報告もありますから、空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。
葉酸は大変重要な栄養素ですが、熱に弱く水に流れやすいという特徴を持っています。ですので、調理法に注意してください。出来るだけ葉酸の流出を防ぐために、火を通さずそのまま食べられるのが一番良いのですが、食材によって加熱しなければいけない場合、加熱時間を短時間にしてわずかな時間で済ませた方が、葉酸の流出が少なくて済みます。こうした調理がめんどくさい、または自由に食事したい、と考えるならば、サプリによる葉酸摂取が簡単ですから、おススメです。

Categories: いろいろな事31