ナースの働くところといえば

ナースの働くところといえば病院という位置づけがだれもが思うことでしょう。しかし、ナースの資格を活かせる職場は、ホスピタル以外にも色々とあります。保健所で保健師と意思疎通を充分にして地域の住民の健康上のいろいろなケアをするのも看護師の領域です。
また、福祉施設にはドクターを確保しているところは少なく、大部分の医療行為をナースが行います。
全国の看護師の一年間の収入は平均437万円くらいです。しかしながら、国立、私立、県立等の公立病院勤務の看護師は、公務員として勤務しているため、年収はおおよそ593万円になります。公務員看護師は給料の上がる率も民間病院と比べてみると高く、福利厚生もしっかりしています。準看護師のケースだと、看護師と比較すると平均年収が約70万円低いです。看護師の国家試験にパスするよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が困難という人も多いです。
看護学校はそれほど厳しく、レポートが遅れてしまったり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年が決まってしまうようです。それほど厳しい学校を卒業し、看護師国家試験にも合格した人は、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。
看護師の転職を上手にやってのけるには、これから先のことを考えて早めに行動することが大事です。
さらに、何が重要かを道筋をつけておいた方がいいでしょう。
近い未来どうなりたいのかをハッキリとして、その将来の展望に合った転職先の情報を多少なりとも集めておいてください。
年収、職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件も想定しておきましょう。
高齢化社会が進み、看護師は福祉施設でも需要が増加傾向にあるのです。
また、大手の会社になると医務室等にも看護師がいて、健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアを実施しています。
こういった場合には、その会社組織の社員として入社をすることもありえるでしょう。看護師の資格のために受ける国家試験は、1年に1度行われます。
看護師不足が問題となっている私たちの国にとってうれしいことにここ数年、看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準をキープしています。看護師の国家試験は、大学入学試験のような落とすための試験ではなく、決まっているレベルをクリアできれば合格できるものです。
看護師の勤め先といえば、病院と想像するのが一般的でしょう。しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院だけでなく色々とあります。
保健所において保健師と連携し、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の役目です。
それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、ほとんどの医療に関わる行為を看護師が行います。
全国のナースの年収は平均437万円程度です。しかし、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員扱いでの勤務のため、年収は平均すると593万円ほどになります。公務員として勤務している看護師は給与の上がる率も民間病院に比べて高く、福利厚生もしっかりしています。
准看護師として従事している場合は、看護師と比べて平均年収が70万円ほど低いです。

Categories: いろいろな事31